メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

発信箱

彼女が人に会う理由=小国綾子

 音がゆがんだり響いたりして聞こえにくい感音性難聴の人に医師らの声がどう聞こえるのかを再現し、難聴者が病院で何に困っているかを教えてくれる動画(http://8bitnews.org/?p=7149)が、ネット上で話題を呼んでいる。軽度の難聴で薬剤師の宮谷真紀子さん(38)が数百人の難聴者や医療従事者に聞き取りし、9年がかりで制作した。毎日新聞社主催の女性の情報発信講座「毎日女性会議」で優秀作品に選ばれ、本紙朝刊連載「となりの障害 難聴になって」(1月27〜29日掲載)のきっかけにもなった。

 彼女はひるまず人に会いに行く。私との出会いも1年半前、彼女が、難聴についてのコラムを書いた私を訪ねてくれたのがきっかけだ。

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文723文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです