メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

落語

上方に四天王の功績あり

 一時は滅んだとまで言われた上方落語を現在の隆盛に導いた「上方落語四天王」のうち、最後まで現役で高座に上がり、後進を見守ってきた三代目桂春団治さんが先月9日、85歳でこの世を去った。改めて四天王のいた時代を振り返るとともに、春団治さんのありし日をしのぶ。【山田夢留】

元さえずり会メンバー、阪本俊夫さん

 戦前から漫才ブームに押され、人気が低迷していた上方落語。戦火が追い打ちをかけ、噺(はなし)家は十数人にまで減っていたという。そんな上方落語のどん底時代、1947(昭和22)年に、後に四天王と呼ばれる六代目笑福亭松鶴、桂米朝、五代目桂文枝、三代目桂春団治は相前後して噺家人生をスタートさせた。翌年には、若手グループ「さえずり会」を結成。当時、「笑福亭松朝(しょうちょう)」として活動し、さえずり会メンバーの一人だった阪本俊夫さん(95)に話を聞いた。

この記事は有料記事です。

残り3037文字(全文3412文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  4. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  5. 女性遺体、窒息死か 殺人容疑で捜査 ホテルの部屋、男が出入り 東京・池袋

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです