メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領選

トランプ旋風抑え込み クルーズ氏勝利

 【デモイン(米中西部アイオワ州)及川正也、長野宏美】11月の米大統領選に向けた共和党の指名候補者選びは、初戦のアイオワ州党員集会で保守派のテッド・クルーズ上院議員(45)が勝利。ワシントンの「既成政治」への対抗勢力として傍流の勢いを見せつけた不動産王ドナルド・トランプ氏(69)をひとまず抑え込んだ。民主党は本命のヒラリー・クリントン前国務長官(68)とバーニー・サンダース上院議員(74)が競り合い、各地の集会所は熱気に包まれた。

 米CNNなどが「クルーズ勝利」を報じると、選挙事務所で開票結果を待つ支持者から大きな歓声と拍手がわき起こった。

この記事は有料記事です。

残り1246文字(全文1519文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 米、習主席の協調呼び掛けに応じず 対中強硬路線維持 同盟国と連携

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. 河村・名古屋市長「申し訳ない」 コロナ感染、自宅療養中の高齢者死亡で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです