メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

上野動物園

パンダに発情兆候で自然繁殖に向け準備

 東京都立上野動物園(台東区)は1日、飼育しているジャイアントパンダの雄リーリー(10歳)と雌シンシン(同)に発情の兆候が見られるとして、自然繁殖に向けた準備を始めたと発表した。

 同園によると、ジャイアントパンダの繁殖期は2〜5月ごろで、妊娠の可能性が高まるのはそのうち数日間。同園によると、普段は2…

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文357文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 福井・勝山市長選 水上氏が初当選

  2. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  3. 岐阜・羽島市長選 松井氏が3選

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです