アクリルアミド

炒め野菜など…懸念ややあり発がん性物質

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
アクリルアミドどこから摂取
アクリルアミドどこから摂取

 内閣府・食品安全委員会の作業部会は1日、高温で揚げたり炒めたりした野菜などに含まれる発がん性物質「アクリルアミド」の摂取と日本人の健康への影響について「リスクは極めて低いが、動物実験の結果から、懸念がないとはいえない」との最終評価の結果案をまとめた。食品安全委員会は摂取量を減らすよう促している。

 作業部会(青木康展座長)は2011年からアクリルアミドのリスクを検討してきた。

 アクリルアミドは食品に含まれるアミノ酸(アスパラギン)と糖が120度以上の加熱によって反応して生じる。微量でも遺伝子を傷つける作用をもつ。

この記事は有料記事です。

残り406文字(全文665文字)

あわせて読みたい

注目の特集