卵子凍結出産

大阪の44歳健康女性 初確認

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
凍結卵子を使った妊娠までの流れ
凍結卵子を使った妊娠までの流れ

 将来の出産に備え、独身だった41歳の時に自分の卵子を凍結保存した大阪府内の女性看護師(44)が昨年、その卵子で女児を出産したことが分かった。がん治療など医学的な理由で卵子を凍結し、妊娠・出産した例はあるが、仕事など社会的理由を背景にしたケースが確認されたのは初めてとみられる。

 晩婚化が進み、高齢になってからの出産や「卵子の老化」による不妊への関心が高まる一方、日本産科婦人科学会は健康な女性が社会的な理由から実施する卵子凍結を「推奨しない」としている。

 女性は30代後半から、大阪市内の2カ所のクリニックで計十数個の卵子を凍結保存した。仕事が忙しく、結婚の予定は当時なかったが「どうしても子どもがほしくて、自然妊娠を待つような悠長なことはできないと考えた」という。

この記事は有料記事です。

残り1344文字(全文1678文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集