メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スマホアプリ

演劇見放題の「観劇三昧」 ダウンロードが5万超え

「観劇三昧」サイト

 IT企業のネクステージ(大阪市、福井学代表)が提供しているスマートフォンで演劇を鑑賞する定額制映像配信サービス「観劇三昧」で、アプリのダウンロード数が2月で5万を突破した。ITの力で、観客へのサービスとともに劇団支援も行っている同社は、「演劇が音楽や映画と同じく当たり前のように、生活のなかにあふれる社会を作りたい」と話す。

 2013年8月に開始された「観劇三昧」(http://kan-geki.com)は、全国の演劇をスマホやパソコンで見ることができるサービス。月額980円(クレジット決済の場合は初回1カ月無料)で見放題だ。現在92団体計300公演が登録され、新作も週2〜4本を配信する。演劇ファンらの人気を集め、月間アクティブユーザーは4万3000まで増えている。

この記事は有料記事です。

残り816文字(全文1153文字)

高橋望

1991年入社。パソコン通信(NIFTY-Serve、PC-VAN~草の根アングラネットなど)からのネットワーカー。主にIT関係の記事-セキュリティ、面白ベンチャー・サービス、ガジェットなどなど-を書いてきました。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです