メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

本因坊70年の旅

囲碁 討ち入り事件に遭遇か=金沢盛栄

「本因坊屋敷跡」の立て札を前に説明する高尾紳路元本因坊の兄善希先生=金沢盛栄撮影

 年が明けてまもなくの1月18日。前夜からの雪がまだ残る凍(い)てつく寒さの中、東京・巣鴨近くの本妙寺で秀哉(しゅうさい)忌が執り行われた。祭主は7冠制覇に向けばく進中の井山裕太本因坊。神妙な面持ちで、秀哉の墓前で手を合わせた。山下敬吾九段を挑戦者に迎えての棋聖戦は既に始まっていたが、本因坊を冠するものにとっては、秀哉忌がその年のスタート。大役を無事終えた井山は「今年1年を通して、いい碁が打てるように祈りました。いつも言っていることですが、一局一局一生懸命に打つだけです」と表情を引き締めた。

 先月の本欄で記した京都・寂光寺(じゃっこうじ)が本因坊輩出の地なら、東京・本妙寺は本因坊完結の地である。歴代世襲制本因坊のうち、初代算砂(さんさ)から三世道悦(どうえつ)までは寂光寺に、四世道策(どうさく)から二十一世秀哉までが本妙寺に眠る。

この記事は有料記事です。

残り599文字(全文969文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 関東平野部も大雪の恐れ 「不要不急の外出控えて」 国交省緊急発表

  4. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  5. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです