メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
本因坊70年の旅

囲碁 討ち入り事件に遭遇か=金沢盛栄

「本因坊屋敷跡」の立て札を前に説明する高尾紳路元本因坊の兄善希先生=金沢盛栄撮影

 年が明けてまもなくの1月18日。前夜からの雪がまだ残る凍(い)てつく寒さの中、東京・巣鴨近くの本妙寺で秀哉(しゅうさい)忌が執り行われた。祭主は7冠制覇に向けばく進中の井山裕太本因坊。神妙な面持ちで、秀哉の墓前で手を合わせた。山下敬吾九段を挑戦者に迎えての棋聖戦は既に始まっていたが、本因坊を冠するものにとっては、秀哉忌がその年のスタート。大役を無事終えた井山は「今年1年を通して、いい碁が打てるように祈りました。いつも言っていることですが、一局一局一生懸命に打つだけです」と表情を引き締めた。

 先月の本欄で記した京都・寂光寺(じゃっこうじ)が本因坊輩出の地なら、東京・本妙寺は本因坊完結の地で…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文969文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  2. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  3. 「平和の少女像」作家が中止後初、表現の不自由展会場を訪問 「かわいそうで涙が出た」

  4. 衝突した車の運転男をひき逃げ容疑などで逮捕 栃木・鹿沼炎上事故2人死亡

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです