メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
特集ワイド

死にゆく姿、みっともなくても見せる 宝島社の広告で話題、樹木希林さんの死生観

毎日新聞の1月5日朝刊に掲載された宝島社の広告

 「死ぬときぐらい好きにさせてよ」。1月5日、毎日新聞朝刊などに、まるで“終活宣言”のようなキャッチコピーの見開き全面広告が掲載された。シェークスピアの戯曲「ハムレット」のオフィーリアのように川に浮かんでいたのは女優、樹木希林さん(73)。3年前、「全身がん」と告白し「生き方だけではなく死に方もちゃんと見せていきたい」と語った樹木さんの死生観を知りたくて、東京都内のご自宅を訪ねた。【小国綾子】

この記事は有料記事です。

残り2413文字(全文2611文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 広島土砂災害3年 一つの墓に新婚夫婦とおなかの赤ちゃん

  2. 広島土砂災害 3年 刻む碑「三人いっしょ」 娘夫婦とおなかの命 今月、新しいお墓に

  3. しらかば帳 マンホール人気 /長野

  4. 履正社、投打かみ合い決勝へ駒 岩崎は10K・無四球完投 明石商は打線つながらず

  5. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです