メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展覧会

多様な「愛すべき世界」 香川で4作家参加

 写真や映像を通して身近な社会を見つめ、再考する展覧会「愛すべき世界」が、香川県丸亀市の市猪熊弦一郎現代美術館で開催中だ。日常に潜む不条理や素朴な疑問から出発し、批評的な表現を生み出す4作家が参加している。

 写真家の鷹野隆大は1998年以降、毎日撮り続けている「毎日写真」シリーズから、さまざまな都市の表情を捉えた近作約90枚を時系列に展示。「できるだけ作家性を排除し、日々の記録として作品を提示したかった」と話す。人影まばらな商店街や駅前のロータリー。匿名の風景がずらりと並び、均質化した都市の有りようを浮き彫りにする。と同時に日常を生きること、それ自体を慈しむようなまなざしも感じさせる。

 自ら地域や社会に介入しそのパフォーマンスを映像作品にする丹羽良徳は継続中のプロジェクト「より若い者…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文880文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン
毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アメリカンフットボール 悪質反則 日大、消せぬ不信感 コーチ発言に矛盾
  2. アメフット 学内から批判噴出 父母会などが行動起こす
  3. 中曽根氏 27日100歳 首相経験者2人目、なお存在感
  4. アメフット 日大会見「火に油」の司会は元ジャーナリスト
  5. アメフット 日大学長が緊急会見 一問一答

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]