メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

「キャロル」の問いかけ=中村秀明

米アカデミー賞のオスカー像

 <sui−setsu>

 授賞式を28日に控えた米アカデミー賞で、主演女優や主演男優など演技部門での候補20人が白人で占められ問題化している。「すべて白人」は2年連続だ。

 黒人監督のスパイク・リーさんは怒って授賞式を欠席する。ダスティン・ホフマンさんは「潜在的な人種差別がある」と語った。

 候補は、映画芸術科学アカデミーの会員が投票して選ぶ。6000人以上いる会員は、俳優や監督ら映画界に携わる人たちで、白人が94%を占め77%が男性、平均年齢62歳という。批判を受けアカデミー理事会は、2020年までに黒人ら人種的少数者と女性の会員を2倍にする改革策を打ち出した。

 偏った会員構成による選考は、演技部門の20人すべてが白人という偏りにとどまらなかったようだ。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文978文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・武田真治さんとモデル・静まなみさんが結婚

  2. 東京都で新たに100人以上感染 5月2日以来の3ケタ

  3. 「党員獲得どころじゃない」 河井夫妻「1億5000万円」 自民総務会で不満噴出

  4. 関東・東海上空に火球 2日未明、目撃相次ぐ 「爆発音聞こえた」

  5. 探して!らき☆すたマンホール 合併10年、埼玉・久喜のどこかに設置

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです