メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水説

「キャロル」の問いかけ=中村秀明

米アカデミー賞のオスカー像

 <sui−setsu>

 授賞式を28日に控えた米アカデミー賞で、主演女優や主演男優など演技部門での候補20人が白人で占められ問題化している。「すべて白人」は2年連続だ。

 黒人監督のスパイク・リーさんは怒って授賞式を欠席する。ダスティン・ホフマンさんは「潜在的な人種差別がある」と語った。

 候補は、映画芸術科学アカデミーの会員が投票して選ぶ。6000人以上いる会員は、俳優や監督ら映画界に携わる人たちで、白人が94%を占め77%が男性、平均年齢62歳という。批判を受けアカデミー理事会は、2020年までに黒人ら人種的少数者と女性の会員を2倍にする改革策を打ち出した。

 偏った会員構成による選考は、演技部門の20人すべてが白人という偏りにとどまらなかったようだ。

この記事は有料記事です。

残り648文字(全文978文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実刑確定の元被告、刃物持ち車で逃走 名古屋方面へ逃げたか 神奈川・愛川
  2. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 大阪・吹田の拳銃強奪 飯森容疑者の父が関西テレビ常務を退任
  5. 認知症 行方不明の妻を捜して 「なぜ1人で行かせたのか」後悔の念やまず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです