メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ジカ熱 日本にも広がる?=回答・千葉紀和

蚊の活動期5〜10月 流行国渡航に注意

 なるほドリ ジカ熱ってどんな病気?

 記者 ジカウイルスが引き起こす感染症(かんせんしょう)で、2〜7日の潜伏(せんぷく)期間を経て発熱や発疹(はっしん)、筋肉痛などの症状が出ます。国立感染症研究所や世界保健機関(WHO)によると、症状は比較的軽く、通常は7日以内に治ります。感染しても約8割の人は発症しないと推定されています。一方で、妊婦(にんぷ)が感染すると先天的に頭の小さい「小頭症(しょうとうしょう)」の子どもが生まれる可能性が指摘され、神経の障害で手足に力が入らなくなる「ギラン・バレー症候群(しょうこうぐん)」との関連も疑われており、注意が必要です。「ジカ」は最初に確認された、アフリカ・ウガンダの森の名前にちなんで名付けられました。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ヒゲダン・藤原聡、一般女性との結婚報告「気持ちを新たに人生を歩む」

  2. GSOMIA決裂をギリギリ回避 防衛省幹部も驚いた急転直下の裏側

  3. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  4. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  5. 前夜祭「会費5000円」で安倍首相反論 官邸幹部も「唐揚げ増やすなどやり方ある」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです