メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

質問なるほドリ

ジカ熱 日本にも広がる?=回答・千葉紀和

蚊の活動期5〜10月 流行国渡航に注意

 なるほドリ ジカ熱ってどんな病気?

 記者 ジカウイルスが引き起こす感染症(かんせんしょう)で、2〜7日の潜伏(せんぷく)期間を経て発熱や発疹(はっしん)、筋肉痛などの症状が出ます。国立感染症研究所や世界保健機関(WHO)によると、症状は比較的軽く、通常は7日以内に治ります。感染しても約8割の人は発症しないと推定されています。一方で、妊婦(にんぷ)が感染すると先天的に頭の小さい「小頭症(しょうとうしょう)」の子どもが生まれる可能性が指摘され、神経の障害で手足に力が入らなくなる「ギラン・バレー症候群(しょうこうぐん)」との関連も疑われており、注意が必要です。「ジカ」は最初に確認された、アフリカ・ウガンダの森の名前にちなんで名付けられました。

この記事は有料記事です。

残り659文字(全文1001文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  2. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

  5. 悲願の憲法改正を次に渡すのか 「疲れた」首相が秘める終わり方の真意

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです