メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
PM2.5

ひまわり8号の観測データ活用 予測システム改良へ 九大研など、予測のずれ修正

 九州大学応用力学研究所(福岡県春日市)などは、運用中の大気汚染物質「PM2・5」(微小粒子状物質)の飛来予測システムに新型気象衛星「ひまわり8号」の観測データを活用することを決め、システムの改良に乗り出した。中国大陸でのPM2・5になる前の有害物質の発生量などを基に予測する現在の方法では、実際に飛来した際の濃度と予測にずれが生じることもあり、より精度の高い方法で1年後の運用開始を目指す。【関東晋慈】

 同研究所の竹村俊彦教授(大気環境学)らが開発した飛来予測システム「スプリンターズ(SPRINTAR…

この記事は有料記事です。

残り552文字(全文804文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  2. カジノ誘致 横浜市が表明へ 林市長、週内にも

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 社会 甲子園のツタ、復活せず 全体覆うのにあと10年 耐震工事で一時撤去

  5. 移転する「おふくろの味」警察署長が感謝状 滋賀・高島

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです