衆院予算委

首相「占領期にでき今にそぐわない」改憲意欲

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 衆院予算委員会は3日、安倍晋三首相と全閣僚が出席して2016年度予算案の基本的質疑を行い、実質審議が始まった。首相は憲法について「占領時代に作られ、時代にそぐわないものもある」との考えを強調。「国会は発議するだけだ。国民に決めていただくことすらしないのは責任の放棄だ」と憲法改正に重ねて意欲を示した…

この記事は有料記事です。

残り192文字(全文342文字)

あわせて読みたい

注目の特集