対IS有志国連合

シリアとイラクでの掃討作戦強化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ローマ福島良典】過激派組織「イスラム国」(IS)と戦う米国主導の有志国連合は2日、ローマで外相級会合を開き、シリアとイラクでの掃討作戦強化を確認した。

 会合には欧米、中東など23カ国と欧州連合(EU)、国連の代表が参加。会合後の声明で「イラクとシリアにおける反IS行動を強化・加速し、打ち負かす」と表明。イラク政府を支援し、シリア内戦の終結を目指す国連の仲介努力を後押しする姿勢を示した…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集