メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人気声優の死

異常なしがEBV感染症…難病指定訴え

松来未祐さん=81プロデュース提供

 病気はなぜ見つからなかったのか。昨年10月に38歳で亡くなった人気声優、松来未祐(まつき・みゆ、本名・松木美愛子=みえこ)さんの両親が、娘の命を奪った「慢性活動性EBウイルス感染症(CAEBV)」の周知と難病指定を願い、伏せていた病名の公表に踏み切った。EBウイルスは日本人の成人の9割以上が保有しているとされるが、発症はまれ。医師の間でもあまり知られておらず、松来さんは通院を繰り返しても感染判明まで1年以上かかった。公表は松来さんの遺志でもあった。

 広島県内に住む父の松木孝之さん(69)と母智子さん(68)によると、松来さんが最初に体調不良を訴え…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  3. 大阪・住吉小6女児 依然不明 手がかりなく 姿が見えなくなり3日

  4. 「最下位」茨城県知事を怒らせた「魅力度ランキング」 本当の使い道

  5. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです