メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 反イスラム「許し難い」 オバマ大統領、トランプ氏らけん制 モスク訪問

子供たちの出迎えを受けるオバマ米大統領(右)=米東部メリーランド州ボルティモアで3日、AP

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は3日、東部メリーランド州ボルティモアのモスク(イスラム礼拝所)を訪問。「最近、イスラム系米国人に対する許し難い発言があった。我が国ではあってはならないものだ」と述べ、イスラム教徒の入国拒否を主張する野党共和党の大統領候補らを間接的に批判した。米国内のモスク訪問は任期中初めて。

 オバマ氏は、政治家らの反イスラム的な発言の結果、イスラム教徒に対する脅迫や嫌がらせが急増したと指摘。南部テキサス州の14歳のイスラム教徒の少年から「平和に暮らしたいだけ」と訴える手紙を受け取ったことなどを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り386文字(全文654文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 劇場やスポーツ観戦、5月末にも再開 東京都、休業要請緩和前倒し検討

  2. 余録 都市封鎖をせず、欧米各国と一線を画したスウェーデンの…

  3. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  4. 埼玉・富士見のマンションに2遺体 「両親殺した」36歳長男を聴取

  5. 国家安全法制、香港で反対デモ 「1国2制度の崩壊」 移住検討、急増

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです