メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 サントラム氏が選挙戦撤退表明 共和党・候補9人に

 【ワシントン西田進一郎】米大統領選に向けた共和党の候補指名争いに立候補していたリック・サントラム元上院議員(57)が4日、FOXニュースのインタビューで、選挙戦からの撤退を表明した。指名争いの初戦となる1日の中西部アイオワ州党員集会の結果を受け、共和党の主要候補12人のうち3人が撤退し、9人になった。

 サントラム氏は、キリスト教福音派を支持基盤に2012年大統領選でアイオワ州党員集会を制するなど善戦した。しかし、今回は、福音派を巡る争奪戦が激しく、党員集会では得票率1%で11位に沈んでいた。サントラム氏は、党員集会で3位だった主流派のマルコ・ルビオ上院議員(44)を支持するという。

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  2. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  3. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  4. 京都府警、アベノマスク窃盗容疑で81歳逮捕 自宅からも78枚見つかる

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです