メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
タイ出家日記

/9 戒律 厳しさこそ信仰の基盤

目を閉じて227条の戒律を暗唱する一休さん(中央)

 上座仏教は戒律が厳しく、別名「戒律宗教」とも呼ばれる。破れば強制的に還俗(げんぞく)させられる重い罪の戒律から、マナーやエチケットに類する戒律まで。僧侶の生活は衣食住から細かく規定されている。僧侶が守るべき戒律は227条あり、「パティーモーク」と呼ばれる。

 月に2度、新月と満月の日にこのパティーモークを一人の僧侶が暗唱する儀式「ウポーサタ」がある。文字を持たないパーリ語の戒律が、2500年以上口伝されてきた根拠とされる。出家中一度だけ、この儀式に参加することができた。

 寺の本堂に僧侶が一堂に会し、1人を70人が円状に取り囲む。本尊のブッダ像を右手に、中央の一段高い椅…

この記事は有料記事です。

残り958文字(全文1245文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです