メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

わが町にも歴史あり・知られざる大阪

/415 池上雪枝感化院跡 /大阪

栗東寺にある池上雪枝夫妻の墓=大阪市北区与力町で、松井宏員撮影

 ◆環状線・天満

非行少年に職業教育 幕末、明治を駆けた女傑

 天満の寺町通りを東へ歩く。善導寺の次の筋に栗東寺。大阪案内人の西俣稔さんが「日本で初めて感化院(少年の更生施設)を開いて、非行少年を導いた池上雪枝のお墓があります」と説明する。お寺は勝手に入れないので、先へ行く。龍海寺向かいの民家の角に、1964年に建立された「池上雪枝感化院跡」の碑が建っている。

 池上雪枝は1883(明治16)年、空心町の自宅に感化院を開いたが、手狭になったために自宅を売り払い、全財産をはたいてここに土地を買い、新しい感化院を建てた。西俣さんが言う。「素晴らしいのは、自立させるために手に職を付けさせたんです。当時は珍しかったせっけんやステッキなどを作る技術を身に着けさせたので、池上感化院の出身者は工場から引く手あまたやったそうです」

この記事は有料記事です。

残り1050文字(全文1409文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  2. ディエゴ・マラドーナさん死去 60歳 サッカー界の「レジェンド」

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  5. サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目 勝ち点など記録ずくめ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです