メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インフルエンザ

警報発令 県内、昨季より4週遅く /広島

 県内でインフルエンザの本格的な流行が始まったとして、県健康対策課は3日、「インフルエンザ警報」を発令した。昨季より4週遅いという。

 同課によると、医療機関からの患者報告数が基準値を上回ったため発令。特に、広島市や西部東保健所管内(竹原市、東広島市、大崎上島町)での患者が多いという。

 心臓疾患がある人や、妊婦や高齢者、乳幼…

この記事は有料記事です。

残り50文字(全文212文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです