メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国の選択

16年大統領選 共和「知事」3氏、背水 初戦不調、巻き返しへ実績強調

 【デモイン(米中西部アイオワ州)及川正也】11月の米大統領選に向けた民主、共和両党の大統領候補指名争いは2日、最初の一般投票による予備選が9日に実施される北東部ニューハンプシャー州へと舞台が移った。共和党では1日のアイオワ州党員集会で不調に終わった候補者たちが背水の陣で臨む。

 起死回生を狙うのは、アイオワ州の「トップ3」を追うジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事(62)、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事(63)、クリス・クリスティー・ニュージャージー州知事(53)の「現元知事トリオ」だ。

 「彼らはまだテストされた経験がない」。前日からニューハンプシャー州入りしていたブッシュ氏は2日、アイオワ州党員集会で上位3位に入ったテッド・クルーズ上院議員(45)、不動産王ドナルド・トランプ氏(69)、マルコ・ルビオ上院議員(44)を批判。フロリダ州知事として実績をあげたブッシュ氏が政治経歴のないトランプ氏と、ともに初当選議員のクルーズ、ルビオ両氏の経験不足を突き、支持を訴えた。

この記事は有料記事です。

残り547文字(全文986文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 練習に遅刻…阪神・藤浪が2軍に降格 矢野監督「残念で信頼失う」

  2. こんな時どうするQ&A 次亜塩素酸を噴霧すると除菌できるの? 効果は確認されていません

  3. 国内感染、新たに74人確認で計1万7504人 死者は6人増の計903人

  4. 韓国で検察vs与党に発展か 元慰安婦支援団体の前理事長、横領疑惑を否定 

  5. 西村担当相「ポスト安倍」に浮上 コロナ対応の「顔」に「しゃべりたがり」批判も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです