メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大統領

反イスラム「許し難い」トランプ氏らけん制

年内最後の記者会見で質問に答えるバラク・オバマ米大統領=ホワイトハウスで2015年12月18日、西田進一郎撮影

 【ワシントン和田浩明】オバマ米大統領は3日、東部メリーランド州ボルティモアのモスク(イスラム礼拝所)を訪問。「最近、イスラム系米国人に対する許し難い発言があった。我が国ではあってはならないものだ」と述べ、イスラム教徒の入国拒否を主張する野党共和党の大統領候補らを間接的に批判した。米国内のモスク訪問は任期中初めて。

 オバマ氏は、政治家らの反イスラム的な発言の結果、イスラム教徒に対する脅迫や嫌がらせが急増したと指摘。南部テキサス州の14歳のイスラム教徒の少年から「平和に暮らしたいだけ」と訴える手紙を受け取ったことなどを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り502文字(全文770文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「五輪予算で都民の命救える」早期中止訴え 宇都宮氏が都知事選出馬会見

  2. 国民民主「10万円再給付を」「消費税5%に」追加経済対策案 

  3. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  4. 北九州市で5日連続の感染確認、計22人に 施設を臨時休館

  5. 新型コロナ 北九州、第2波恐れ 新規感染、4日で14人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです