南スーダンPKO

10月末まで延長…政府方針

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は自衛隊が南スーダンで実施している国連平和維持活動(PKO)の派遣期間が今月末に終了するため、期間を10月末まで8カ月間延長する方針を決めた。延長を定めた実施計画の変更を来週にも閣議決定する予定だ。

 国連安全保障理事会は昨年12月、国連南スーダン派遣団(UNMISS)の活動期限を今年7月末までに延長した。

 仮に安保理が再延期せずに7月末での撤収を決めた場合、自衛隊部隊の撤収には3カ月を要するため、派遣期間を10月末に設定した。

この記事は有料記事です。

残り193文字(全文411文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集