メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

川内原発

事故対策拠点で陳謝 九電社長、規制委員長に

 九州電力の瓜生(うりう)道明社長は3日、原子力規制委員会の田中俊一委員長と東京都内で面談した。川内(せんだい)原発1、2号機(鹿児島県薩摩川内市)の事故対策拠点「緊急時対策所」の変更申請を規制委から説明不十分だと指摘されたことに「ご迷惑おかけして申し訳ない」と陳謝した。今後は「指摘を真摯(しんし)に受け止め、しっかり説明していきたい」と話した。

 川内原発は2015年度までに対策所として免震重要棟を設置する計画で再稼働した。しかし、九電は昨年12月、免震棟計画を撤回し、運用中の代替緊急時対策所と隣に新設する耐震支援棟で対応すると規制委に変更申請した。今年1月の審査会合では九電が安全性向上につながる根拠を説明できていないとされ、規制委は申請を再提出するよう求めた。

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゆうちょ銀の海外送金に資金洗浄疑い 国際調査報道で判明 外国人の口座開設容易

  2. ピンチ救った8球 巨人・鍵谷の切れるスライダー、1死満塁しのぐ

  3. 検証プラス・新型コロナ 街の味なぜ消えた 倒産500件 中小企業に打撃

  4. 金正男氏殺害で一時拘束された北朝鮮男性の特異な素顔 米司法省訴追で浮かぶ軌跡

  5. ORICON NEWS 新しい地図、斎藤洋介さん追悼 香取「スマスマのコントでは一緒に笑い、沢山助けて頂きました」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです