諏訪湖

3季連続「明けの海」に…宮司が見通し 長野

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
湖面監視後に会見する宮坂清八剱神社宮司(右から2人目)=長野県諏訪市の舟渡川河口で2016年2月3日午前7時2分、宮坂一則撮影
湖面監視後に会見する宮坂清八剱神社宮司(右から2人目)=長野県諏訪市の舟渡川河口で2016年2月3日午前7時2分、宮坂一則撮影

 諏訪湖の御神渡(おみわた)りを認定する八剱(やつるぎ)神社(長野県諏訪市)の宮坂清宮司(65)は3日朝、「春めいてきてこれ以上凍ることはないと感じる」と述べ、御神渡りがない3季連続の「明けの海」との見通しを示した。

 同市豊田の舟渡川河口で湖面を確認した宮坂宮司は「全面結氷したが、段々解けていく。今年も自然の威力…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

注目の特集