六本木ヒルズ一室

「盲学校に」男性遺言、大分県が入札へ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 大分県立盲学校(大分市)の元校長の孫が「盲学校のために役立ててほしい」と遺言して、東京都港区・六本木ヒルズの高級マンションの一室を県に寄贈した。県教育委員会は最低売却価格を1億4078万円に設定し、26日に一般競争入札を実施する。遺言の趣旨に沿って売却金を活用する方針だ。

 寄贈されたのは「六本木ヒルズレジデンスB棟」19階の1区画75・…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

あわせて読みたい

注目の特集