メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

廃棄カツ転売

ダイコーの無届け倉庫、新たに2カ所

ダイコーが無届けで廃棄物を保管していたとみられる倉庫=愛知県稲沢市附島町郷東で、河部修志撮影

 「カレーハウスCoCo壱番屋」が廃棄した冷凍カツを産廃業者「ダイコー」(愛知県稲沢市)が横流しした事件で、廃棄物処理法に基づき保管場所として愛知県に届け出をしていないダイコーの倉庫が新たに2カ所あることが3日、県の調査で分かった。ダイコーの無届け倉庫は既に1カ所が判明しており、計3カ所となった。

愛知県など立ち入り

 県と環境省中部地方環境事務所、東海農政…

この記事は有料記事です。

残り232文字(全文410文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 日医会長「訪日外国人患者受け入れ、可能ではない」東京オリンピック開催に厳しい見方

  2. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  3. 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  5. 自民・石原伸晃元幹事長が新型コロナ感染 派閥領袖で初めて

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです