外国人派遣会社

遠藤五輪相に予算化要請 創業者が献金

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
遠藤氏と創業者、派遣会社を巡る構図
遠藤氏と創業者、派遣会社を巡る構図

2010〜14年に計955万円

 英語の授業で日本人教師を補佐する外国語指導助手(ALT)を派遣する東京都内の民間会社の創業者(71)から、遠藤利明五輪担当相(66)=山形1区、当選7回=側が2010〜14年の5年間で計955万円の個人献金を受けていることが分かった。この間、遠藤氏は自民党教育再生実行本部長などとしてALT利用拡大の旗振り役を務め、文部科学省は民間のALT派遣事業に絡み国の予算を付ける方針を初めて決定。派遣会社は高値で転売され、創業者は多額の対価を得ていた。

 遠藤氏は創業者や派遣会社からの依頼や文科省への口利きを否定するが、同社の複数の役員らは予算化に向けた遠藤氏への働きかけを認め、「陰でやられたのは遠藤さん」と証言。文科省の担当者によると、ALT拡大を求めて遠藤氏本人から声掛けされることもあったという。遠藤氏は説明を求められそうだ。

この記事は有料記事です。

残り1200文字(全文1579文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集