外国人派遣事業

「まとめ役は遠藤さん」…文科省職員証言

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会に出席した遠藤利明五輪担当相=国会内で2016年2月3日午後4時56分、藤井太郎撮影
衆院予算委員会に出席した遠藤利明五輪担当相=国会内で2016年2月3日午後4時56分、藤井太郎撮影

 「うちにとって一番大事なのはオリンピック大臣」。遠藤利明五輪担当相に5年間で計955万円の個人献金を創業者が行っていた東京都内の外国語指導助手(ALT)派遣会社の役員らは、毎日新聞の取材に遠藤氏との親密な関係を語った。民間会社の悲願だったALT派遣事業への国費投入は遠藤氏の尽力で方向性が定まったとし、「本当は文部科学大臣になってほしかった」と信頼ぶりを口にした。【藤田剛、銭場裕司、杉本修作】

 ALTは約30年前、国による外国青年招致事業(JETプログラム)が先駆けとなったが、同事業は国の監督下の財団法人を通す上、海外から呼ぶ渡航費用などで1人当たりの経費が高いとされる。これに加えALTの需要も増えたことから、滞日外国人などを充てて人件費を抑えた民間会社によるALT派遣事業が2000年ごろから増加。今では(1)JETプログラム約3割(2)自治体による外国人直接雇用約2割(3)民間会社か…

この記事は有料記事です。

残り1503文字(全文1901文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集