メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

爆買い

中国人はなぜ? 理由は「命」と「カネ」

昨年の国慶節時期に訪日し、売り場に並ぶ中国人旅行客=東京都中央区銀座3の松屋銀座の資生堂で2015年10月2日午後3時24分、片平知宏撮影

 昨年の流行語大賞にもなった訪日中国人旅行者の「爆買い」。その旺盛な購買欲に多くの人が目を見張ったことだろう。外国人旅行者が昨年日本で使ったお金は約3兆4771億円と、半導体など電子部品(約3兆6000億円)、自動車部品(約3兆4000億円)の日本の輸出額に匹敵し、まさに日本経済を支えているといっても過言ではない。そして、その4割超を占めるのが中国人だ。現在、中国は「春節」(旧正月=8日)の大型連休期に入っているが、今年の同時期に訪日旅行を予定する中国人はかつてない規模になるとも言われる。彼らは日本で何を買い、そしてなぜわざわざ重い荷物を抱えて帰るのだろうか。春節を機会に考えてみた。【増田博樹/デジタル報道センター】

この記事は有料記事です。

残り3155文字(全文3467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 悩み抱えるコロナ感染者 専門家「早めに周囲に助け求めて」 30代女性、命絶つ

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  4. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  5. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです