メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカーマインド

リオ予選、相手より自分=鮫島彩

 1月18日から26日、沖縄県石垣島の日本代表合宿に参加した。2月末に始まるリオデジャネイロ五輪アジア最終予選での代表枠は2枠しかない。出場できるかという怖さもある。でも、まずは相手ではなく、自分自身。コンディションを上げたり、連係を高めたり、まだまだできることはたくさんある。

 4年前のロンドン五輪のアジア最終予選の時を思い返すと、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会で優勝して1カ月半しか時間が空いていなかったこともあり、勢いに乗ったまま戦っていたように思う。怖さやプレッシャーは感じなかった。今のなでしこは五輪、W杯の3大会連続で決勝に進んでいるという事実があるので、リオ五…

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

  2. 緊急事態宣言で強制力があること、ないことは何か 首相「冷静な対応」要請

  3. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

  4. 緊急事態宣言 首相7日表明と明言、7都府県に

  5. 接待飲食・風俗業も休業補償へ 菅氏「支給要領見直す」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです