メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

行徳野鳥観察舎

市川市長が県に存続を要望 赤レンガ保存も /千葉

 市川市の大久保博市長は3日、森田健作知事と県庁で会談し、県が廃止を検討している県の行徳野鳥観察舎(同市福栄4)の存続と、旧陸軍の赤レンガ建物(同市国府台)の保存を求める要望書を提出した。大久保市長は「応分の負担をする」と述べ、市が費用などを負う考えも示した。県は3月末までに文書で回答する。

 会談は船橋、浦安の市長と一緒に非公開で…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文408文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです