メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第65回別府大分毎日マラソン

世界へ上る階段

井上翔太

 第65回別府大分毎日マラソン大会(毎日新聞社など主催、日本陸上競技連盟など後援)が7日正午、大分市の高崎山・うみたまご前をスタート、別府市を経由し大分市営陸上競技場にフィニッシュする日本陸連公認コースで開かれる。マラソンで世界への飛躍を目指す選手にとっては、4年後に迫った2020年東京五輪に向け重要な一歩となる。今回のレースは今夏のリオデジャネイロ・パラリンピック視覚障害者マラソンの国内代表選手の最終選考レースでもある。それぞれの立場で、この大会をきっかけにステップアップを目指す2人のランナーを紹介する。

この記事は有料記事です。

残り3710文字(全文3966文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです