メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

くらしナビ・気象・防災

被災地の「トイレ難民」 簡易型の備蓄が重要

東日本大震災で避難所になった宮城県気仙沼市内の学校でも、トイレが詰まって使えなくなった=2011年4月撮影(日本トイレ研究所提供)

[PR]

東日本大震災で被災した岩手県陸前高田市の仮庁舎の裏手に設置された手作りトイレ=2011年4月撮影(日本トイレ研究所提供)

 大きな地震が起きるたびに被災地では「トイレ難民」が問題化している。上下水道がストップして水洗トイレが使えず、右往左往する人が続出するのだ。各自治体が進める下水管の耐震化なども被害をゼロにするのは難しく、水や食料と同様、自宅や職場に簡易トイレを備蓄するなど自助努力も求められている。

 大地震後は、水洗トイレが無事に残っていても、下水道管が損傷し、水が流せなくなっているケースが多い。緊急対応として普段、工事現場などでよく見かける「仮設トイレ」を業者などから調達しようにも、災害直後は渋滞などで交通事情が悪化するため困難だ。

 名古屋大などが東日本大震災(2011年)で被災した29自治体を対象に、避難所に仮設トイレが行き渡るまでの日数を尋ねたところ、最短の「3日以内」は34%にとどまり、4日以上を要したのが66%を占めた。仮設トイレが届いてからも、タンクにたまっていく汚物を回収するバキュームカーが不足し、使えなくなる恐れがある。

 東北の被災地では、便器の汚物を流せず悪臭を放つままに任せたり、屋外に穴を掘って用を足したりすることも珍しくなかった。劣悪な状態にあるトイレの利用を避けようと、水や食事を控えてしまい、健康悪化につながることもあった。また車いすを利用する人にとっては、仮設トイレに多い和式便器が使いにくく、障害者への対応も課題になった。

 千葉県浦安市は埋め立て地が多いため、市域の86%が液状化。下水管が土砂の流入で詰まったり、ズレて破損したりして、最大1万1900世帯の下水に使用制限がかかった。市などが公園や学校に900基を超える仮設トイレを設置したものの、女性や子どもから夜間の利用を不安視する声が出たり、自宅から出かけてくる不便さが問題になったりした。このため、市は下水道の使えない地域で凝固剤入りの「携帯トイレ」約31万個を全戸配布した。

 国や各自治体は、下水道の耐震化に取り組んでいるが、国土交通省によると、全国の下水道施設(下水処理場、水道管など)で耐震化が済んだのは3〜6割程度だ。東京都が首都直下地震などに備えて進めているのは、地震の際、破断するケースの多いマンホールと下水管の接続部の耐震化工事。下水管の外周をゴムで覆ったうえで、マンホールと接続することで地震の揺れを吸収し、破損を防ぐ仕組みという。

 都は、避難所や災害拠点病院の計約2500カ所で工事を既に終えており、2020年東京五輪・パラリンピック開催前の19年度末までに乗降客数の多いターミナル駅や官公庁など約1000カ所の対策も終える。さらに、下水処理場の地震対策も終える計画だ。

 だが、住宅や事業所のトイレや台所から下水の本管につながっている下水管などの排水設備は、個人や会社の所有になっているために耐震化の対象外だ。

 全国の自治体ではマンホールのふたを外し、簡易式の便座や囲いを設け、し尿を下水道に流す「マンホールトイレ」の整備も進めている。だが、全国で整備が済んだのは約2万基しかない。単純計算で約7000人に1基の計算だ。順番が来るまでに“粗相”という事態は避けられそうにない。

 NPO法人・日本トイレ研究所理事の上幸雄さん(70)は「災害大国のトイレ対策はこれからだ。自宅や職場でトイレ問題にどう対応するのかを考え、一定の備えをしておくのが重要になる」と指摘する。発災から3日間ほどは簡易(携帯)トイレを使ったり、庭に素掘りで手作りのトイレを作ったりして、応急対応するしかないという。

 上さんは「排せつはそう我慢できるものではなく最も緊急性の高い問題だ。水や食料と同様に、トイレなども備蓄しておくべきだ」と話す。【竹内良和】

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 俳優・伊藤健太郎容疑者を釈放 任意で捜査へ

  2. 逃走警察犬クレバを「叱らないで」 心配する声70件に兵庫県警「安心して」

  3. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  4. 22歳孫の祖母介護殺人「これはあなた自身の問題」 江川紹子さんの読み解き方

  5. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです