メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大阪府警

検視専門課を新設 犯罪見逃し防止へ全国初

警察の遺体取扱総数と検視官臨場率の推移

 遺体を観察して事件性があるかどうかを判断する検視態勢を強化しようと、大阪府警は4月、全国初の検視専門課「検視調査課(仮称)」を新設することを決めた。青酸化合物による連続殺人事件で事件性を見逃した反省などから、検視官らの人員を増やし、検視のスペシャリストを養成する方針だ。【服部陽、村上正】

 府警は現在、本部刑事総務課に約50人態勢の検視官室を設けている。20人の検視官(警部以上)と約30人の補助者(警部補以下)で構成しているが、課に格上げするとともに、検視官ら計約15人を増強する予定だ。

 青酸連続殺人事件では、筧千佐子被告(69)=殺人などの罪で起訴=が青酸入りのカプセルを飲ませ、夫や…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 丸山議員「女性いる店で飲ませろ」 北方領土訪問中、禁止されている外出を試みる
  2. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  5. 「応援大使」田口淳之介容疑者逮捕 熊本市「絶句」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです