新潟大

2年間人事凍結 国の交付金減り人件費削減

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新潟大学
新潟大学

 新潟大(高橋姿学長)は今春から2年間、教員の新規採用や昇任などの人事を凍結する方針を決めた。教員の人件費や物品購入などに充てる国の一般運営費交付金が減少しており、人件費削減が必要と判断した。削減効果は年間数千万〜1億円を見込んでいる。

 同大広報室によると、先月28日の教育研究評議会で決定した。在籍…

この記事は有料記事です。

残り220文字(全文370文字)

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集