シリア空爆

「民間死傷や人道支援妨害」米報道官が露非難

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン和田浩明】「テロリストの掃討」を名目にしたロシアによるシリア空爆について、米国務省のカービー報道官は3日、「ほとんどが反体制派を狙ったもので、民間人死傷者や避難民の発生、人道支援の妨害の可能性が報告されている」と非難した。

 同氏は、ロシアが支援するアサド政権と米国を後ろ盾とする反体制派の和平交渉が中断されたことにも触れ、「罪…

この記事は有料記事です。

残り257文字(全文427文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集