メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食品衛生監視員

廃棄物処理施設、立ち入り許可へ 岐阜県

 廃棄食品の横流し事件を受け、岐阜県は2016年度から、食品衛生監視員に廃棄物処理施設への立ち入り権限を付与する方針を固めた。食品の製造、販売、廃棄を一貫して監視するのが狙い。全国的にも珍しいという。県は現在34人の監視員を12人増員。16年度当初予算案に約4500万円を計上する予定。

 県の食品衛生監視員は食品衛生法に基づき…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「カスハラ」労災10年で78人、24人が自殺 悪質クレーム対策急務

  2. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 菅原経産相 新たに香典疑惑 「事実ならアウト」自民党内にも進退問う声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです