メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食品衛生監視員

廃棄物処理施設、立ち入り許可へ 岐阜県

 廃棄食品の横流し事件を受け、岐阜県は2016年度から、食品衛生監視員に廃棄物処理施設への立ち入り権限を付与する方針を固めた。食品の製造、販売、廃棄を一貫して監視するのが狙い。全国的にも珍しいという。県は現在34人の監視員を12人増員。16年度当初予算案に約4500万円を計上する予定。

 県の食品衛生監視員は食品衛生法に基づき…

この記事は有料記事です。

残り153文字(全文316文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「坊主かどうかは関係ないということ証明したい」愛媛・済美が“脱丸刈り”

  2. 残業176時間「ごめん、辛抱できん」 近大職員が自殺 労災認定求め国提訴

  3. 都内でも「うがい薬は売り切れ」の張り紙 一夜にして店頭から消えた 「吉村知事会見」を考える

  4. 大阪で新たに196人感染 過去3番目の多さ 障害者施設でクラスターか

  5. 全国で新たに1356人感染 1日1000人超は2日連続 計4万3465人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです