メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

コトバ解説

「平均値」と「中央値」の違い

データの処理方法で変わる値 数字のマジックにご注意

[PR]

マキ「こういうこともあるし……」
マキ「こういうこともあるし! 次は頑張るし!」 ケビン「何をガンバルノ?」 マキ「数学だし。試験の結果がチョー悪くて……」 ケビン「ソウデスカ。周りのみんなも悪かったノ?」 マキ「大体が40点台で、90点以上が数人って感じ」
ケビン「すごく差があるんダネ……。『平均値』と『中央値』が全然違うデショウ?」 マキ「『平均値』と『中央値』? イミフだし」 ケビン「数学、苦手デスモンネ……。解説するから、ぜひ勉強シテクダサイ」
今回は「平均値」と「中央値」の解説です。何らかのデータ群を特徴的に表す数値を「代表値」と言いますが、「平均値」と「中央値」もその一種です。 「平均値」は、「平均点を取る」などというように、皆さんがよく使う代表値ですね。データの総和をデータの個数で割った値のことです。 例えば5人の点数が、40点、56点、90点、22点、76点の場合の「平均値」は……。
(40+56+90+22+76)÷5=56.8点 になります。 一方の「中央値」は、データを小さい順(または大きい順)に並べて真ん中に来る値のこと。先と同じ例ですと……。 22、40、56、76、90なので、56点が「中央値」になります。データの個数が偶数の場合は、真ん中の二つを足して2で割って計算します。 ケビン「ちなみに『偏差値』は、ある数値がデータ全体の中でどの位置にあるのかを測る値です。50を平均とし、『最上位から何%』などと把握することがデキマス」
マキ「頭がこんがらがってきたし……」
マキ「うぅ……。ちゃんと復習するし! 見てろ、数学!」 ケビン「ぜひ、そうしてクダサーイ。高校生なら、『偏差値』も大事でしょうカラ、そっちもネ! では、まとめにイキマス!」
では、今回のまとめです。 「平均値」は、「データを足し合わせ、データの個数で割った値」のこと。 「中央値」は、「データを小さい(または大きい)順に並べ、真ん中に来る値」のこと。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  2. ポルシェで時速200キロ 芦屋の医師を危険運転致死容疑で追送検
  3. 都公安委 吉沢ひとみ被告の免許取り消し
  4. 40年間以上無免許運転の男逮捕 「面倒くさくてお金もないので」と更新せず
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです