メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
「身じまい」のおと

アンチ・アンチエイジング宣言=社会部編集委員・滝野隆浩 /東京

 前回に続き「老い」について考えている。とりわけ、年を取るということに対するマイナスイメージについて。古代ローマの哲学者キケロさんが2000年も前から、「老いは楽しい」と言っているのに、現代人はいまだに「老い」を避けようと躍起になっているようだ。

 そういえば、「ご隠居」と呼ばれる人がいなくなった。何でも知っていて落語には欠かせないキャラ。時々「知ったかぶり」してギャフンとなるが、それでも長屋の住民たちからは慕われていた。長谷川町子さんが漫画で描いた「いじわるばあさん」もいなくなった。年寄りの意地悪や皮肉を受け入れる余裕が、社会になくなった。

 思い立って漢和辞典をめくったら、「老」の項の「老廃」「老朽」「老衰」などのイヤな熟語に目が行く。一…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1114文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. 大久保製壜所 職場の安全求めスト 3人負傷事故巡り 200人が支援 /東京

  5. 宮下英樹さん、ゆうきまさみさんが北条早雲語る 小田原で9月、五百年忌記念イベント

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです