メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

表敬訪問

富山出身の石橋選手、市長に角界入り報告 「来春は関取に」 /富山

高砂親方(中央)と共に森雅志市長(左端)に意気込みを語る石橋広暉選手=富山市役所で、青山郁子撮影

 富山商高出身で、近畿大相撲部の石橋広暉選手(21)=富山市出身=が高砂部屋入りし、大阪で開かれる三月場所でデビューすることになり5日、富山市役所に森雅志市長を表敬訪問した。

 小学4年から相撲を始めた石橋選手は身長188センチ、体重160キロという恵まれた体格を生かし、前へ積極的に出る相撲が持ち味。昨年の全日本選手権では3位に入るなど活躍した。この日は高砂親方(元大関・朝潮)や富山商相撲部の浦山英樹監督(39)らと共に来庁。森市長…

この記事は有料記事です。

残り327文字(全文544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「午後8時には閉めない」反旗を翻した外食チェーンの本気

  2. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  3. 「30%を切ったら危険水域」 菅内閣の支持率大幅低下に政府・与党危機感

  4. 夜明けを待って~コロナ禍を歩く 日本を愛したベトナム人青年 なぜ24歳で死ななければならなかったのか

  5. 首相、コロナ病床増へ意欲 医師や看護師の給与増提言に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです