台湾地震

「助けて」横倒しビルから響く住民の声

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

台南市を中心に建物が倒壊 夜明け前から必死の救助活動続く

 【台南(台湾南部)・鈴木玲子、上海・林哲平】ビルが道路に横倒しになり、ひしゃげた建物の中からは救助を求める住民の声が相次いだ−−。6日未明に台湾南部を襲った地震は、台南市を中心に倒壊した建物の中に人が取り残される被害が次々と報告され、夜明け前から必死の救助活動が続いている。8日からの春節(旧正月)を間近に控え、家族そろっての年越しムードに包まれていた台湾に大きな衝撃が広がった。

 台湾の中央通信社などによると、台南市中心部・永康区にある16階建てビルは、5階部分付近から上部が水平方向に折れたように横倒しとなった。90世帯近くが入居していたといい、少なくとも7人が建物内に取り残されているという。

この記事は有料記事です。

残り485文字(全文813文字)

あわせて読みたい

注目の特集