メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウクライナ問題

露NATO対話再開 月内にも理事会

 【ブリュッセル斎藤義彦】ウクライナへの軍事介入を巡り関係を冷却化させていた北大西洋条約機構(NATO)とロシアが、政治対話の枠組み「NATOロシア理事会」を数週間以内に再開させる方向で調整していることがわかった。複数のNATO外交筋が毎日新聞に明らかにした。今月末か来月初めの開催を目指しているという。ロシアがNATO加盟国トルコの領空を侵犯するなど衝突の危険が高まる中、対話への方針転換で危機回避を図る。

 理事会の再開方針は昨年12月のNATO外相会議で合意。バシュボウNATO事務次長とグルシコ露NATO大使が複数回協議して対話の意思を確認、日程を調整している。NATO外交筋は日程について「数週間以内に開かれる」と述べ、別の外交筋は今月末か来月初めで調整していることを明らかにした。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文1038文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです