福島の日本酒

金賞受賞酒が全国最多…これで復興支援

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
「大震災後も福島県の日本酒を守ろうと奮闘する、造り手たちの情熱を伝えたい」と語る橘内賢哉さん=夫彰子撮影
「大震災後も福島県の日本酒を守ろうと奮闘する、造り手たちの情熱を伝えたい」と語る橘内賢哉さん=夫彰子撮影

15年、全国新酒鑑評会で全国1位の計24点

 東日本大震災から3月11日で5年となるのを前に、福島県産日本酒のファンを増やし、復興支援につなげようという試みが進んでいる。復興を応援する有志らは、現地の酒蔵が厳選した酒とつまみを毎月宅配する定期購入プロジェクトを企画し、出資者の募集を開始。今月21日には、福島市の酒屋の店主らがJR上野駅近くで、利き酒・即売会を開く予定だ。【夫彰子】

 福島県は昨年、全国の蔵元が新酒の出来栄えを競う全国新酒鑑評会で、全国1位となる計24点の金賞受賞酒を出した。最多金賞数は3年連続という快挙だった。

この記事は有料記事です。

残り668文字(全文932文字)

あわせて読みたい

注目の特集