メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

衆院予算委

同一労働同一賃金…首相、働き方改革の柱に

 安倍晋三首相は5日の衆院予算委員会で、安倍政権が掲げる「同一労働同一賃金」について「(正規と非正規の格差解消を目指す)均等待遇を含めて踏み込んで検討する」と述べ、実現に意欲を示した。

 首相は「今春取りまとめる『ニッポン1億総活躍プラン』で実現の方向性を示したい」とし、働き方改革の柱に位置付ける考えを強調。「必要であれば法律を作っていくことは当然だ」とも述べ、必要な法整備など実効性ある制度を目指すことを強調した。

 また、憲法改正に関し、9条2項に「国防軍」設置を盛り込んだ2012年発表の自民党憲法改正草案について「私も党総裁として同じ考えだ」と表明。その一方で、憲法改正は「自民党の草案通りにいくことはないと思う。議論の中で結果としてどういう条文になるか、政治の現場の問題がある」と述べ、党の草案にこだわらず、柔軟に対応する考えを示した。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 24歳兄が妹・弟を包丁で刺す 犯行後飛び降りか、兄は死亡 東京・東村山

  2. 大阪・梅田HEP FIVEで高校生転落し死亡 路上の19歳巻き添え意識不明

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. #排除する政治~学術会議問題を考える 行革や効率性で「文句を言う人」飛ばす怖さ 菅政権の新自由主義 重田明大教授

  5. 「優しく温厚。成人式で会えると…」 大阪・巻き添え死 女子学生の友人が涙

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです