メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全盲記者・岩下恭士のユニバーサロン

学習障害へのタブレット活用 /東京

 身の回りにあるテクノロジー、いわゆる「アルテク」をバリアフリーに活用しようという研究が進んでいる。市場が限られた福祉用具に比べ、安価で入手も簡単、しかも流行の製品も利用可能で、障害児の学習意欲が著しく向上するという。

 昨年11月、アップルの「Appストア」で発売された、読み書きが難しい学習障害の人のための支援アプリ「タッチ&リード」は、iPadのカメラで教科書や試験問題などの印刷物を読み取り、タップした部分を音声合成で読み上げてくれる。

 「文書読み上げ」というと、視覚障害者用のように思われがちだが、例えば学習障害の一種「ディスレクシア…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1094文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田中圭がCMで肉体美を披露 人魚の姉妹たちもうっとり
  2. 「手術女性患者にわいせつ」医師に無罪判決 「女性に性的幻覚の可能性」 東京地裁
  3. 墜落 空自戦闘機、山口沖に 乗員2人救助 築城基地所属
  4. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  5. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです