メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全国邪馬台国連絡協

「高尾山古墳と狗奴国の魅力を知る」 13日、沼津でサミット 基調講演や研究発表大会 /静岡

 全国の古代史愛好家らで作る「全国邪馬台国連絡協議会」(鷲崎弘朋会長)が13日、沼津市内で「第1回狗奴国(くなこく)サミットin沼津〜高尾山古墳と狗奴国の魅力を知る」を開く。狗奴国は、邪馬台国とライバル関係にあったとみられる魏志倭人伝に登場する国。

 サミットは当初、熊本県で開催予定だったが、高尾山古墳(沼津市東熊堂(ひがしくまんどう))の保存問題が全国的問題となったため、沼津での開催となった。

 狗奴国の所在地は不明。邪馬台国九州説に立てば熊本県、畿内説に立てば濃尾平野や関東北部が有力視される。

この記事は有料記事です。

残り786文字(全文1035文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 一律の現金給付断念 自民が提言案まとめ 「所得減で生活支障の世帯・個人」対象

  2. たばこを吸っていると新型コロナで重症化しやすいのは本当か 専門家が警告する

  3. 日本人133人がペルー出国 菅氏、チャーター利用認めた台湾に「深い謝意」

  4. 京産大で学生13人感染 欧州旅行や卒業祝賀会参加 市「クラスター発生」

  5. 「4月1日に緊急事態宣言?フェイクだ」 首相発言、ネットでうわさ交錯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです