メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと・しずおか

富士花鳥園のバードスタッフ・鈴木玉緒さん /静岡

富士花鳥園のバードスタッフ・鈴木玉緒さん

 「皆様にぶつかることは、たまにしかありません」

 富士山麓(さんろく)・朝霧高原の観光施設「富士花鳥園」(富士宮市)の色鮮やかな花が咲く温室で、勇ましい顔立ちのハリスホーク「ムック」を操る。観客は頭上すれすれに飛ばす技に驚きの声を上げ、軽快なトークが笑いの輪を広げる。2011年3月の東日本大震災の苦難を乗り越えて夢の就職を果たし、バードスタッフとして昨年11月、ショーにデビューした。

 福島県南相馬市の県立原町高校で授業中、大きな揺れに見舞われ、友達と身を寄せ合った。沿岸部の津波で自宅を流された友人もいて、甚大な被害に言葉を失った。高校の体育館は遺体安置所に。約25キロ南の福島第1原発が爆発し、片道分のガソリンを頼りに家族の車で市内の自宅を飛び出し、約1カ月間、同県白河市で避難生活を送った。

この記事は有料記事です。

残り737文字(全文1086文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪で新たに151人コロナ感染 重症者は70人で過去最多

  2. クックパッドニュース 一房買っても安心!覚えておくと便利な「バナナの保存法」

  3. 首相あいさつ93%一致 広島と長崎、過去例とも類似 被爆者「ばかにしている」

  4. 「パンパン」から考える占領下の性暴力と差別 戦後75年、今も変わらぬ社会

  5. 「逮捕は時間の問題」「抗議運動、続けていく自信はある」香港の民主活動家・黄之鋒氏 覚悟を語る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです