メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローマ法王

露中と協調目指す キリスト教徒保護へ対話

 【ローマ福島良典】キリスト教カトリックのトップであるフランシスコ・ローマ法王が、過激派組織「イスラム国」(IS)対策でロシア側と連携すると同時に、断交中の中国に秋波を送る「東方外交」を展開している。今月12日にロシア正教会のキリル総主教と法王として史上初めて会談し、中東のキリスト教徒保護で共同歩調を打ち出す見通し。中国の習近平国家主席には、8日の春節(旧正月)を前に、関係改善を促すメッセージを送っている。

 バチカン(ローマ法王庁)のロンバルディ報道官は毎日新聞の取材に「カトリック信徒も正教徒も中東の宗教少数派として暴力の犠牲になっている」と指摘。ISの迫害からシリアやイラクのキリスト教徒をいかに守るかが東西教会トップ会談の主要議題になるとの見通しを示した。

この記事は有料記事です。

残り684文字(全文1017文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京オリンピック開催判断「期限は5月下旬」IOC委員 新型コロナ感染拡大で

  2. 海からイノシシ、窒息死させて返り討ち 長崎の50代男性に警察官もビックリ

  3. 強い感染力、基礎疾患で重症化…新型コロナの「非常にやっかい」な特性 政府の課題は

  4. 新型コロナの影響で旅館が経営破綻 愛知の「冨士見荘」が破産申請 キャンセル相次ぐ

  5. 新型コロナ対応「先手先手だと思いますよ。しっかりやっている」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです